レ・オー・ボンヌ 2018(黄色蝋キャップ=クロ・デ・マイユ区画)

レ・オー・ボンヌ 2018(黄色蝋キャップ=クロ・デ・マイユ区画)

残り2点

¥6,600 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

LES EAUX BONNE 2018 シュナンブラン種のクラシカルな一面を魅せてくれるセバスチャン・ガンデュベールは1999年からワイン造りをしています 父は教師で母は会社秘書の家庭で育ったためワインとは無縁の環境でしたが17歳の頃にボルドーでブドウを栽培している人物と知り合った事がきっかけとなりワインに興味を抱き始めワイン造りの世界に入りました レイヨンのクリュはボンヌゾーとカールドショームなどがあり畑のあるボンヌゾーはトータルでも80haしかない貴重で小さな区画です パトリック・デプラと親交が深く(https://yuichirovin.stores.jp/items/5fe83fcbdf51595058ecda24) 農作業について教わりながらより良い栽培と醸造を研究しています 不思議なことに以前から甘口のみを亜硫酸ゼロで造っていましたがパトリック・デプラの影響が大きかったとみえ今では全てのワインを自然に造っています よって彼が造る全てのワインには添加物がありません 2015年からシャトー・ボンヌゾー(この蔵元は1950年代からボンヌゾーの中で最も良いとされる区画を所有)というドメーヌとしての活動も並行しておりましたが現在はクロズリー ド・ベルプーレのみで約12haの葡萄畑を所有し栽培と醸造を行っております 解けるような柔らかさに果皮種マセラシオンによる微かな収斂性になんともつかみ掴めずなくすぐったい印象です そのわりにふとした瞬間グッと色気ある表情も見せてくるズルい液体でありながらも私たちをドキドキさせてくれるでしょう ※こちらのクロ・デ・マイユ区画とは別に個性的ポテンシャルを区別することにより灰色キャップのガシュティエール区画のワインもとても魅力的です 造り手:クロズリー・ド・ベルプーレ 生産国:FRANCE(ロワール) 品種:シュナンブラン タイプ:白ワイン(辛口) 容量:750ML